ずっとありがとう

小さい頃から可愛がってくれていた伯父が突然の他界。
電話で訃報を聞いた時、あまりにも信じられなくて手が震えた。
現実を受け止めたくない気持ちでいたが
お通夜で対面した時、これが現実なんだと全身に脱力が走り涙が溢れた。
出来るなら、もう一度あの元気だった伯父とお話がしたい。
なくなる前に少しでも言葉をかけてあげたかった。
幼い頃は、姉と私を連れて沼津の映画館に連れていっくれたり、夏になれば花火も一緒にやってくれたり、毎年お年玉くれたり、思い返せば沢山の思い出がでてきて切りがないけど
伯父には感謝の気持ちでいっぱい。
この日の天気は雨で薄暗く、空気一帯が叔父を悲しんでいた様だった。
でも翌日の告別式には打って変わって晴天。それはきっと無事に天国に逝ったんだね、と皆で話した。
伯父さん、辛い闘病から放たれてやっと楽になったね。
天国でも元気でいてね。
本当にありがとう ずっとありがとう。

ちえみ
[PR]
by chieming_blog | 2014-05-07 22:52